今月からインタビュアーの数を増やし、今までより早いペースでオンラインサロン「FriendsBubble」に在籍する人をインタビューしていくこととなりました!

今回登場するゲストは

庭山卓馬(にわやまたくま)

さんです!!!

爽やかな笑顔が印象的ですね!

続いてインタビュアーは、オンラインサロン「FriendsBubble」管理人のコジコジさんです。

お馴染みの登場です。

今後は、コジコジさんのインタビュアーの回数が増えていきますので、この顔を覚えてあげてください!笑

それでは早速インタビューの様子を見ていきましょう!

お疲れ様ですー!!
宜しくお願いします!

お疲れ様ですー!
宜しくお願いします!!
無茶ぶりにお応えしていただきありがとうございます!

早速やっていきます!先ずはお名前を教えてください!

はい!
庭山卓馬(にわやまたくま)と申します!

庭山卓馬さんですね!
では、現在の仕事を教えてください!

はい!
不動産会社に勤めています!
不動産のディベロッパーという、賃貸マンションの開発や収益管理などを行っています!

なるほど!
不動産の営業ではなく、ディベロッパーというお仕事なんですね!

そうですね。
簡単に言うと不動産を開発する会社で、有名な会社で言うと「住友不動産」とか「三井不動産」とか街開発とか都市開発をするような部類です。

そうなんですね!
ということは、現在の仕事の具体的な内容というとその辺りの仕事内容になるんですね?

はい。
マンションを建てる土地の取得から、建築会社さんや設計会社さん、関係部署との社内外の調整、物件が出来上がるまでをプロジェクトとして推進していくような仕事です!

なるほどなるほど!
面白いですね!
その仕事を始めたきっかけはなんだったんですか?

きっかけは、大学で法学部を学んでいたのですが、大学2年の段階で就活を見据えて、宅建をとったのがきっかけですね!

実際に業界研究をしていく中で、「扱う金額が大きい」「大学の専門分野の法律の知識も使える」という点で面白みを感じて、縁あって今の会社に入社しました!

なるほど!
宅建を2年生で取るってすごいですよね!

ありがとうございます!
たしかに2年生で宅建を取っている人は周りにいなかったですね!

就活が終わった後とか、就活のときに募集要項を見て、勉強し始める人は結構いると思います。

そうですよね!
既に2年生のときに不動産とかの方向に進もうという気持ちになっていたんですか?

いや!それが実はそうでもないんです!笑

大学生の頃のバイト先に大阪大学の法学部の先輩がいて、その人が就活のときに焦って資格を取っている姿を見て、僕自身も就活のタイミングで苦労するのではないか、就活が上手くいかずにやばいんじゃないかっていう危機感から宅建を取った感じです!

その先輩がいたおかげで、危機感を感じることができたんですね!

では、今の仕事をしていて一番嬉しかったことってなんですか?

嬉しかったことが、辛かったことからのリカバリーで嬉しいに繋がった感じなんです。

そうなんですね!
では、辛かったことも併せて聞きたいです!

辛かったことは、東京に来たのが4年前で、東京に来て1発目のプロジェクトが、横浜のマンションだったのですが、そこのマンションが大失敗物件になってしまったことです。

失敗というのはどういう失敗なんですか?

ここで言う失敗は、マンションの部屋が満室にならなかったことです。

通常、だいたい4カ月あれば満室になるのが、横浜の物件は約1年半ぐらいかかったんです。

元々僕の会社は、大阪で事業をやっていて、そこから東京でも事業を拡大して、つぎに横浜に進出するという流れになって、会社内でも注目されていたプロジェクトだったんです。

失敗には色んな要因があるので、100%自分のせいではないですが、上司も責任を被ってくれたり、もっとこうやれたんじゃないかという責任感はめちゃくちゃ感じていました。

その反面、説明資料とか誰のための仕事なのかと苦痛で、そもそも買った人が悪いとか他責にしてメンタルも荒んでましたね。

開発、技術、営業と「チーム全体での失敗」というレッテルになるんだと思うと何事もほんとに大丈夫か?と慎重に考えないといけないなと思うようになりました。

実際のプロジェクトって土地を買って出来上がるまでに、2,3年かかるんです。
そこにいろんな部署と人が関わってきて、最後に人が部屋に入って満室になればゴールなんですけど、そこが上手くいかなかったので辛いものがありましたね。

なるほど!
その失敗から、横浜への進出を今後進めていっても「また失敗してしまうんじゃないか」と会社としても思ってしまうってことなんですね。

そうです!
責任感が大きくて辛かったですね・・・。

でその後の嬉しかったことに繋がるんですが、その2年後にちょっと違うエリアの横浜の物件があったんですけど、以前の横浜の物件での失敗を基に慎重に考えて工夫をして、リベンジができたことですね!

失敗が許されないプレッシャーがすごかったですけどね!笑

部屋の間取りも変わってて、店舗リーシングでも3区画を無事に埋められて、開発も技術も喜んでくれたことがなにより嬉しかったです。

はあ!そうなんですね!
失敗を経験して次の成功に繋がるのは嬉しいですね!

その成功と失敗の要因って何だったんですか?

悪かった点は、東京と横浜は近くて同じ都心とはいえ、やっぱり違う土地なので、東京と同じやり方ではうまくいなかったんです。

そこで学んだのは、エリアの特性を知って、マーケットの調査をしていかないと、自分が後悔すると感じました。

なるほど!
多くの学びを失敗で得ることができたんですね!

では、庭山さんの座右の名ってなんですか?

座右の銘は、女優の石田ゆり子さんが大切にしている言葉で【転がる石に苔はつかない】という言葉が最近は好きです!

意味は、その場所にずっと留まっていると苔が生えていくんですけど、転がっている石には苔が生えないという意味なんです。

僕は2つの解釈をしていて、1つ目は「現状もっともっと努力しないといけない中で、貪欲に動き続けて吸収・成長していきたいという想い」、2つ目は「辛くなっても、今日はこれだけはちょっとでも頑張ろうと思うようにしている」という解釈です!

なるほど!

オンラインサロンで読書会をやっていますけど、庭山さんの教えてくれる本が勉強になるものが多いんですよね!

更にみんなの発表を聞いているときにメモをしている姿を見て、感銘を受けたんです。

なので、この言葉を庭山さんが大切にしているのが腑に落ちました!

では、これからの人生のビジョンとミッションがあれば教えてください。

そうですね。最近まではそういった考えが無かったんですけど、純粋に考えたときに「自分の人生を豊かにする」というのを目的にしようって思ったんです。

豊かな人生を考えたときに「お金」と「やりがいのある仕事」の2つかなって考えつきました。

そこで何をしようって考えたときに、両方を叶えられるのは「FP」という資格を所得して、その資格を使って後に何かをしようって目的を見付けられました!

ミッションでいえば、「FPとして身近な人に、将来を考えるきっかけを与える存在になりたい」というのがゴールで、ビジョンでいえば、3年後に独立を目指し、きちんとした知識やリテラシーを付けていこうとしているところです!

素晴らしい考えですね!
そういう考えを持っている人がFPとして活動をしてくれていたら、僕がお客さんだとしたら嬉しいし、庭山さんに相談しようってなると思います!

では、オンラインサロン「FriendsBubble」に入ったきっかけは何ですか?

きっかけは、友人からコジコジさんを紹介いただいたことです。

コジコジさんの印象は、フレンドリーだけど、雰囲気やオーラがあって、「あ、この人違うな」と感じて、同い年って聞いた時に「まじかよバケモンかよ」と思いました!笑

懐かしいですね!
靴磨きの方と一緒に会いに来てくれたんですよね!

では、無料から有料になった後でも参加してくれた理由はありますか?

そうですね!
みんな得意分野が違う人たちが集まって定期的なイベントがあって、交流できることに価値があるなと思いました!

座右の銘でもありましたが、自分自身が色んなところから価値観や知識を吸収していきたいという考えなので、僕からしたら「これ以上のありがたい環境はない」って感じでした!

あとは、自分は今はこれといった得意分野が特にないので、入会条件が厳しくなる前に入っておこうと・・笑

ありがとうございます!
価値を感じているというコメントをもらえるのは、僕としても嬉しいです!

では、オンラインサロン「FriendsBubble」に入ってみた感想があれば教えてください!

そうですねー。
実際にオンラインサロン「FriendsBubble」に入って、色んなイベントに参加したり、皆さんの情報量や知識が素晴らしいなと感じましたね。

コミュニティ全体を見たときに、コジコジさんの想いとか行動に賛同して集まった人たちっていうのが面白いと思っています。

これが全部コジコジさんから始まったことがほんとにすごいことやなと思っています。

今まで感じてきたホリエモン(堀江貴文)みたいなリーダ像とはまた違ったリーダー像を見せてもらっています。

偉そうなわけではなく、一般的なカリスマ性とも少し違うイメージなんですが、本当にメンバーのことを第一に考えているリーダーだなと。

ギブの精神が真似できないなと率直に思いますし、それをみんな分かってるからこそみんな集まるんだろなと感じています。

ありがとうございます!
そういった感想をもらえると面白いし嬉しいですね!

では、サロンに入って成し遂げたいこと、やってみたいことってありますか?

そうですね。
今は皆さんから成長させてもらってますが、今後は無料のコミュニティの時代にあった、経済学部を復活して、自分がアウトプットできるレベルに成長をしたいと思っています。

素晴らしい良い提案ですね!
是非ともやってほしいことですね!

作ろうと思えば作れる環境ではあるので、タイミングでやってほしいです!

では最後に、つぎにインタビューのバトンを渡す人を教えてください!
また、その方はどんな方ですか?

はい!永楽和久さんです!

イベントでご一緒させていただいたことがあって、色々お話して落ち着いている印象でしたがすごく明るい方で、インスタを見ると読書量とアウトプット力が半端なくて、自分も読んでる方だと思っていましたけどまだまだだなと感じました。

私生活は謎ですし、金融の知識を深めていきたいので、色々聞いてみたいです!

なるほど!永楽和久さん良いですね!
確かに謎めいているところありますもんね!
次回が楽しみです!

庭山さん本日はありがとうございました!

はい!コジコジさん!
本日はありがとうございました!
楽しかったです!

これから金融の知識を深めていき、後に個人でビジネスをしていくという素敵な展望を持っている方でした。

話し方も柔らかく、誰とでも直ぐに仲良くなれるような素敵な方だというのが、インタビューを通して伝わりました。

次回は、読書会を開催している「永楽和久」さんをゲストにお迎えして「インスタdeインタビュー」を行います。

次回もお楽しみに!

執筆者:合同会社Rapport代表 西本健人